つぶつぶぶろぐ

ただいま、ブログひっこし準備中

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月17日 00:02

この記事は載せようか載せまいか

本当に迷った。。

でも

パートナーと暮らすにあたり

リスクマネージメントは必要だと思うから公開することにしました。






コツブを溺愛しています。
今日お出かけから帰ってきて

しばらくまったりと過ごしていたのだけど

突然コツブが嗚咽を始めた。

いつもの吐き戻しかなと見ていたのだけど胃液だけ吐いてそのあとの様子がおかしい。

何度もくしゃみみたいなのをくりかえす。

さらに何かを吐き出そうとし、顔をこすり付けるようにベッドの上でもがくようになった。


そのあとすくっと起き上がったけど目はうつろ。「コツブ!」と呼ぶと視点はなんとかあう。

口を開いてみたら血の気がひいたように白い。

起き上がってはいるけど

1点を見つめたままあふれてくる鼻水をずっとなめている。



呼吸ができていないのだ・・・・・・・・。




呼吸ができなければ長くはもたない。

苦しい思いをさせるのだけはなんとしても避けたい。

あせった。

大抵のことには冷静でいられる

と思っているけど

これにはまじであせった。



とりあえず鼻から息を吹き込んでみた。

反応なし・・・。

もう1回。

しばらくして鼻から鼻ちょうちんがでた。

気道はなんとか開通してるようだ。

でもまだ自分ではうまく呼吸が出来ていない。。

目を閉じたがるコツブに何度も声をかける。

あきらめようとしているのか?

最悪の事態が頭をよぎった。

何事かと寄ってくるフクちゃんやリュウちゃんを「ゴメン」と振り払った。

病院につれていくべきか、でもその間に何かあったら対処できない。

いつでも心マ(心臓マッサージ)をする心構えだった。



少し呼吸が戻ったそのあとは

みているしかできなかった。

我に返って聴診器を持ち出して心音をきいた。

ちょっと徐脈。

フクちゃんのも聞いてみたけど明らかに遅い・・気がした。

ちょっと動転していた。





呼吸は戻っていた。肺にAirが入る音がした。







どのくらいの時間がたっただろう。

心音もすっかり戻っていた。

呼吸はまだ油断できないけど

コツブスリング(コツブの大好きなだっこひも)を見せると 

起き上がって寄ってきた。

そのころにはうつろな表情も戻っていた。

しばらく抱っこして思う存分なめさせてやった。


結局何を誤嚥したのか、何が起きたのかはわからない。

危ないものは手の届かないところに閉まってあるけど

うちには戸棚をあけてしまうネコもいるから

さらに注意しているつもり。

でも多分、フクちゃんがボロボロにしたベッドマットのスポンジかな・・。

にっくきスポンジ。

ちゃんとベッドマットを処理しよう。油断してた。

みなさんもおもちゃとかそのままにしといたらダメですよ。

救命講習も受けにいこう(動物救命士対象)

人間相手に日常的にやっていることが

わが子(同然)の前では真っ白。

自分がこんなに頻脈になったことはここ数年ないと思う。






いつまでも寝顔をみていてやりたいと思った。


DSC_0316.jpg

ホントによかった。

その瞬間、近くにいられて本当によかった。







追記 読んでいて思った。
   うちには登山用の酸素が常備してあるから
   それを与えればよかったわ・・・。
 

危険回避能力ってほんとに必要だと思うのです。
スポンサーサイト


コメント

  1. カーサン→静花サマ | URL | -

    心配していただきどうもありがとう。
    ひとまず安心です。
    コツブに毎日いままで以上のねちゅれちゅ(熱烈)チューをしています。
    にゃんさんのもしものときは怖いね。
    きっとパニックを起こしちゃうだろうから
    意識のあるうちは人工呼吸なんて出来ないもの。
    毒性のある植物なんかにも注意しないとねー。
    いい教訓になりました。

  2. 静花 | URL | -

    無事で本当に良かったです。

    びっくりです。自分が同じ立場だったら。。。あまりにもあせりすぎて何もできないと思う。
    職場なら自分以外にも人がいるし、物品もあるからなんとか対処できると思うけど、
    自宅では。。。まして、犬とか猫ってわからない。基本は人間と同じとは思うけど。
    怖いね。子どもと一緒で何をするかわからないし。
    いつでも、だれでも、何が起こるかわからないね。
    大変だったことおしえてくれてありがとう。
    もしものときは。。。とシミュレーションしておこうと思った。

    こつぶちゃん、元気になって本当に良かった!!!

  3. カーサン→杏仁ぷりんサマ | URL | -

    辛い出来事を思い出させてしまってゴメンナサイ。
    あらためてまっくんの記事を読み返しました。
    まっくんは天命をまっとうしたと思います。
    杏仁ぷりんさんの腕の中で最期を迎えられたこと。
    幸せだったと思いますよ。
    まっくんの分もハチくんをかわいがってあげないとね。
    またご一緒できるといいですねー。

  4. カーサン→coサマ | URL | -

    全く冷静ではありませんでした。
    自分のことになるとだめだなー。
    こういうことでもなければ
    いつかは同じような事故が
    自分のいないときに起こっていたかもしれない。
    そう思えばずいぶん救われます。
    いつかは消えてしまう命。
    1日1日大事にしないといけませんね。

  5. 杏仁ぷりん | URL | -

    ご無沙汰ばかりですみません。
    コツブさんご無事でよかった(o;ω;o)

    読んでたら、まっくんの時を思い出して心がザワザワしました。
    あの時、ただただ恐怖心しかなくて、何もできなかったんですアタシ。
    カーサンの迅速な対処がコツブさんを救ったんだと思います。
    ほんとに、ほんとに、カーサンが居てよかった。


  6. co | URL | -

    びっくりしました。
    読んでいると涙が出そうになりました。
    物言わぬ動物とのコミュニケーションは本当に難しいですね。。。
    未経験のボクには想像できないほど、命の尊さをあらためて感じる瞬間だったのではないでしょうか。
    でも緊張の走る状況のなかでも、さすがにしっかり冷静な部分を維持していたようですね!
    すごく男前なカーサンを見た気がします。
    経過を少し見守りたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。